PIANO FOR SINGER 

〜シンガーのためのピアノメソッド〜

↓こんな人にお勧め↓

担当講師 笹原 玲子  Reiko Sasahara  

安田 芙充央氏、内田 浩誠氏に師事。

講師歴26年、多数のミュージシャンを育てている。

ジャズやポピュラーだけでなく、クラシックもコードで考えるジャンルにとらわれないユニークなレッスンをしている。


<尊敬するミュージシャン>

   バッハ                      

   ショパン     

   マリア・ジョアン・ピレシュ

   ハービー・ハンコック       

   キース・ジャレット

   ライル・メイズ                 

   アラン・パスクァ

   エスペランサ・スパルディング

レッスンで取り上げるアーティスト達
  ノラ・ジョーンズ 
  ビリージョエル
  ダイアナ・クラール
  スティービー・ワンダー
  エスペランサ・スポルディング
  マイケル・マクドナルド
  キャロル・キング
  ドナルド・フェイゲン
  ジョニ・ミッチェル
  ジョージ・ベンソン
  アリシア・キーズ
  ジェイミー・カラム
  矢野顕子 等...

    曲はポップス、ロック、R&B、
    ブルース、ジャズなどジャンル
    にこだわり無く、いい曲だなぁ〜
    と思う曲です。

PIANO FOR SINGER

↑こんな悩みが解消するメソッドです!!!

歌が好きで弾き語りしたいけど、難しそう。

☆歌は歌えるけどピアノが弾けないのでアレンジが変えれない。

☆伴奏者やバンドにこうして欲しいと思うアレンジが伝えられない。

☆メロディがかっこよくフェイクできない。

☆ジャズのスキャットができない&どう歌うかわからない。

☆歌いたい曲の耳コピーができない。

☆リズムのある曲が苦手。ノリがない。

☆曲のピッチがフラットする。

☆ピッチがとれない音、どうしても外れてしまう音がある。

例えばノラ・ジョーンズのように。

ブルージーなポップスやカントリーっぽい曲もお洒落だけどグッとくるサウンドに。

それは、ピアノと一緒に練習する、つまり弾き語りをすることです。


なんだ、そんな当たり前の事かと思われる方もいらっしゃるでしょうが、ものすごいメリットがあります。

弾き語りのアーティストを思い浮かべてください。

みんなそれぞれ個性的ではあるけど、リズム良し、ピッチ良し、そして何よりコード感良し、センスのレベルが違います。

楽器と一緒に歌うことで、音楽を聞く耳が育つので常により深く音楽を聞く事が出来るようになります。


















まだまだ、音楽で出来る事の可能性が広がります。

歌だけメロディーだけの世界から飛び出して、カラフルで広がりのあるコード&ハーモニーを奏でる音楽の旅を始めてみませんか?

例えばダイアナ・クラールのように。

スタンダードジャズをシブイアレンジで。これぞジャズというサウンドに。

ダイアナ・クラールは常に気愛(きあい)十分で歌うのでそれに負けないピアノバッキング&ソロ。

例えばビリー・ジョエルのように。

ポップス&ロックの王道。ピアニストとしてもすごい事を上手そうでなく弾いている。

例えばスティービー・ワンダーのように。

歌は心地よく聞こえるけどコード進行はコンテンポラリーのパイオニア。

アレンジ次第でジャズだけでなくラテンや色々なテイストの音楽に変化させる事ができる。

多くの優れたシンガーは、ピアノでハーモニーやコードワークを勉強し、オリジナル曲を作ったり、アレンジしたり音楽性を高めています。

歌のメロディーはハーモニーの一部であり、フェイクしたりアドリブでスキャットしたりと、ハーモニーに沿って変化させる事が出来ます。ピアノを弾きながら歌をサウンドにのせる事が出来ると、歌う事のテクニックはもちろんですが、音楽的にもより深みのあるものなります。

今までよく聞こえていなかった自分の歌、そしてバックのサウンド(コードやハーモニー、リズム)がより鮮明に深く常に耳で聞けるようになります。

楽曲のアレンジング、イントロやエンディングの創作、オリジナルソングライティングも自分で自由に出来るように。

いつもピアノと一緒に歌いましょう!